カニ鍋の醍醐味

カニ鍋の醍醐味

私はカニが大好きです。私が一番尊敬している歴史上の偉人は、史上最初にカニを食べた人です。この人がいなかったら、きっと人類はカニを食べることはなかったでしょう。もし私が何の知識もなくカニを見たら、どう贔屓目に見ても食べられる生き物とは思わなかったでしょう。

しかしカニはあのグロテスクな外見と反して、びっくりするくらい繊細な味の身と、濃厚な味わいのミソが詰まっています。そのカニの美味しさを120%美味しく味わえるのが、カニ鍋ではないかと私は思うのです。

カニ鍋に使うカニはできるだけ良いカニを使いたいです。スカスカのじゃなく、みっしりと白い繊維質っぽい肉のつまったカニがいい。胴体ももちろん美味しいのですが、やはり鍋にするのなら食べやすい脚の部分を選びたいですね。

私の家族はとてもカニが大好きで、冬場になると月に一度は家でカニ鍋をしています。食べに行ったと思えば安いものなので、とびっきり良いカニを使います。最近は通販で良いカニが比較的安く手に入るようになったので助かっています。

我が家のカニ鍋に使う具材はカニ、白菜、春菊、豆腐です。カニのすごい所はもちろん身の甘さや美味しさもあるのですが、殻からでる出汁です。カニ鍋をしている間、私はカニから出る出汁が楽しみでなりません。鍋に残った出汁で締めに食べる雑炊の旨さは、どんな雑炊もかないません。上品だけど深い味わいがあって、これがカニ鍋の醍醐味なんだな、と私は幸せな気持ちになるのです。

車買取専門店@ランキング【体験談あり】
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.mirukoko.net/cardloan/569.html


<<前のページへ   次のページへ>>