消費者金融の金利は1日でも発生します

消費者金融の金利は1日でも発生します

消費者金融の金利は1日でも発生します

ここでいう1日とはお金を借りた翌日のことです。お金を借りて返してを同じ日のうちに行えば金利はかかりません。

消費者金融の金利は、お金を借りた翌日から発生します。無利息サービスを行っている消費者金融では初回限定で30日無利息のサービスをしているアコムやプロミス、毎回1週間無利息サービスを行っているノーローンといった消費者金融以外は基本的に1日でも利息がかかると考えていた方がいいでしょう。

何故なら消費者金融において利息というのは日割りで計算されています。だから無利息サービスを行っている消費者金融でなければ支払い期日の1ヶ月までに支払いをしたからといって利息がかからないなんてことはありません。

なので消費者金融にお金を借りた場合は、手元にお金が入ったら即座に入金をすることをオススメします。

こちら

悠長に期日まで待っているとその分多く利息を支払う羽目になるので1日でも早く返済してしまうことがよりお得だということが出来ます。

例えば金利18%で10万借りた場合の利息は1日当たり50円程となるのでその事を知っておけば利息の計算方法を知らなくても自分が借りた金額からおよその利息を計算することが出来ます。

消費者金融からの借金の時効について

消費者金融から借金をしていて、時効が成立して借金をチャラにできればラッキーと、お考えの方も中にはいるかもしれません。
ここでいう時効というのは、正式名称は消滅時効と言って、今まであったものが文字通りなくなってしまうケースの時効を指します。

こちら

確かに法律上、消費者金融からの借金にも時効というものがあり、これは5年と定められています(個人間の借金は10年)。
したがって、消費者金融から借金をして、これを返さないまま5年が経てば、もう返す義務はないのじゃないかと単純に考えてしまうのは禁物で、世の中はそんなに上手くはできてはいません。
業者の方も、こんなことは当然知っているわけで、時効にかけないための幾つかの手段を取り揃えています。一番手っ取り早い方法は、時効の中断という方法で、たとえば、内容証明郵便を送って、その後に裁判上の請求を行うこととか、支払の猶予の申し出を書かせて、借金をしている事実を承認させるなどの方法により、時効はストップしてしまいます。

こちら


ですので、事実は事実として、時効は5年と決められてはいますが、そんなに簡単に時効が成立することはないと考えて、きちんと支払いを行うようにした方が賢明です。

消費者金融でカードを作ることが家族や会社に知られてしまう可能性は?

家族や会社に消費者金融の利用が知られる可能性として考えられるのは、電話や郵便物による露見です。
消費者金融会社から電話がかかってきたり会社名の記載された郵便物が届いてしまうと、それを見た家族や勤務先の同僚に消費者金融を利用していることが知られてしまいます。特に、消費者金融でカードを作る際は、本人確認や在籍確認の電話と契約書類の郵送等が行われることが少なくありません。

こちら

これらのアクションによって、消費者金融を利用しようとしていることが周囲に知られてしまうことを懸念する方も多いでしょう。
しかし、現在の消費者金融では、こうした理由で利用が知られる可能性は非常に低くなっています。というのも、本人確認や在籍確認の電話では、最初から消費者金融会社の名前が出されることはまずないからです。消費者金融会社の担当者が個人名で電話連絡をしてくるので、家族にも会社にも知られることはありません。
また、現在は自宅や勤務先に郵便物が送られてくるケースも稀になっています。契約手続きはインターネットを介して行うことが出来るし、利用明細もweb上での確認が可能な消費者金融会社が増えているからです。
つまり、現在は家族や会社に知られずに消費者金融のカードを作ることが容易くなっている、というわけなのです。

1
2
3

b.hatena.ne.jp/entry/www.creca1.net/etccard.html


  次のページへ>>